リゾートバイト

【超初心者向け】リゾートバイトの持ち物は33選でOK!

来週から初めてのリゾートバイト行くんだよ〜、楽しみすぎる。
いも子
いも子
ゆーたろう
ゆーたろう
いーねっリゾバ!
持ち物は用意してる?
はっ、持ち物…。
あぁぁぁ〜!!なに持っていけば良いのだぁ??とりあえずパンツと…
いも子?
いも子?
ゆーたろう
ゆーたろう
うんうん、落ち着いて。
必需品やこりゃ要らないって物など教えます

初めてのリゾートバイトでは、どんな物を持っていけば良いのか分からないですよね?

そんな悩みを解消します。

 

必需品や現地調達すればよいって物など、コツを紹介

初めての不安を取り除き、ワクワクして楽しいリゾバライフを迎えて欲しい!

 

合計2年間リゾートバイトへ行っていた私が、実体験から学んだことをお伝えします。

こんな方にオススメ

・リゾートバイトへこれから行く人

・リゾートバイトの超初心者さん

・リゾートバイトに興味がある人

超初心者向け【リゾートバイトの持ち物】

リゾートバイトへ行くのに期間はだいたい3ヶ月っていうのが多いです。

求人数は3ヶ月が多いし、稼ぐとしたらちょうどよいですし

不安で分からない事だらけの初心者さんでも分かるように、3ヶ月間のリゾバの持ち物を解説します。

 

リゾートバイトの持ち物【準備する前に】

さて、3ヶ月リゾバへ行く人用の準備する物をお伝えしますよ。

まずは事前にどんな物が現地の寮にあるのか派遣会社へ質問しておきましょう。

基本的に寮にある物は以下のとおり。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機(共用)
  • テレビ
  • 布団セット

さぁ、このあと紹介するのは経験を元に必要だと感じた物たちです!!

 

 

リゾートバイトの持ち物【貴重品】

①現金 1万円くらい(行きの交通費は別で)
②クレジットカード 1枚あるとなにかと便利
③キャッシュカード コンビニで現金を引き出す
④健康保険証 病気やケガのときの為
⑤運転免許証 身分証として
⑥印鑑 シャチハタでOK

現金 →基本的にリゾートバイトは食事付きなので、お菓子や飲み物を買う程度しか使わない。最寄りのコンビニは行ったらすぐ確認しよう(ATMも)

 

 

リゾートバイトの持ち物【生活用品】

①お風呂セット シャンプー、リンス、ボディソープ、ボディタオルなど
②洗面セット 洗顔料、歯ブラシセット、ひげ剃り
③バスタオル 2枚
④フェイスタオル 2枚
⑤整髪料 ワックスやジェル
⑥洗濯道具 洗剤、洗濯ネット、洗濯ロープ、ハンガー
⑦爪切り 地味に必要
⑧食器類 箸、スプーン、マグカップ、皿(百均でOK)

お風呂セット →働く施設の大浴場を使用できる場合はシャンプーなどありますが、微妙な物が多いので持っていった方が無難。

洗濯道具 →ハンガーは5〜10本。意外と干すところがなかったりで洗濯ロープは大活躍(カーテンレールとドアなど)

食器類 →それぞれワンセットずつでよい。今まで歴代の人が置いていった物があったりもします。調理器具はそれに期待!

 

 

リゾートバイトの持ち物【電化製品】

 ①スマホ 絶対!
②パソコン 持っているなら必須。動画みたりいろいろ
③充電器 持っていく電化製品のもろもろ
④ドライヤー 女性は特に
⑤ケトル 必須。お湯って大切
⑥延長コード 必須!コンセントが変なところにあったりする

パソコン →寮にWi-Fi環境があるか確認して、なければポケットWi-Fi必要。テレビがなかったりもするので暇つぶしに最適

ドライヤー →myドライヤーでもコレを機に新しく購入も、髪の毛乾かしますよね?

ケトル →休みの日や夜にお腹が空いたら、カップラーメン。スープやあったかい飲み物にも必要。

延長コード →コンセントが変な場所にあったり、1口しか空いてなかったり、ベットから遠かったりなので必須です。

 

リゾートバイトの持ち物【衣類】

①部屋着(寝巻き) 2セット(スウェットやジャージ)
②下着 4枚
③Tシャツ 4枚(季節によっては長袖)
④クロックス 1足
⑤お出掛け着 2パターン

衣類 →衣類は寮に洗濯機があるので洗い回し。ただ、『仕事が朝早かったり・遅かったり・疲れていたり』で、すぐにできないことがあります。そのため、4日分ほどあると安心ですよ。

クロックス →なにかと使える。ちょっと外に出るときなど。

お出掛け着 →仕事は制服での勤務となるので、私服の出番は休みの日に出掛けるときだけ。出番は少ないので2パターンで十分

 

 

リゾートバイトの持ち物【仕事用品】

フロント・レストラン勤務の必要な物です。着物や作務衣の場合は変わりますので注意。

①Yシャツ 4枚(形状記憶だと楽)
②インナー 4枚(白かベージュの無地が無難)
③スラックス 1本(会社指定の色)
④靴下 4足(基本は黒。会社指定があればその色)
⑤革靴 1足(黒、履き慣れた物がベスト)
⑥メモ帳 1冊(胸ポケットかお尻のポケットに入る大きさ)
⑦ボールペン 2本(黒のみと3色ペン)
⑧ストッキング(女性) たくさん(1日で穴が開くこともザラです・・・)
⑨腕時計 シルバー、黒、茶色の物

Yシャツ →アイロンがけしなくてよいものがラクです。洗濯で洗い回すので4枚ずつはそれぞれあったら楽ですよ

革靴 →新品だと靴ズレしたり痛くなるので、少し履き慣らしてから持っていくのがオススメ

レストラン勤務の場合は思った以上に歩くので、初めは靴が合わず『足が痛い〜』っと言っている方が結構いました。特に女性でヒールの方は注意!

仕事用品については職場から貸し出しの物もある(制服など)。さらに色を指定されることもあるので事前に派遣会社へしっかり確認しましょう

 

 

リゾートバイトの持ち物【女性編】

男ですが、思い付くままに。

  • 化粧道具
  • クレンジングや化粧水、ボディクリームなど
  • 生理用品

 

リゾートバイトの持ち物【あったら良いな】

Wi-Fi →寮の設備で元々あるところもあるので事前に要確認です。なければ、ポケットWi-Fiを用意していった方がよい。ネット環境が無いというのは意外とキツイです

百均のカゴ →シャンプーなどのお風呂セットを入れる用にボトルが4本入るほどの大きさ。持ち運びに便利。底に穴が空いていると水はけよくて尚よし。私は毎回現地で買ってます

車・バイク →近くのコンビニまで遠い場合も多い為、車があると人気者(モテモテ)です。持っているなら絶対持っていくべし!車の持ち込みOKか現地確認は必須ですよ

ゲーム機 →意外と時間を持て余すことがあるのであったら良いな。荷物に余裕があれば。ゲーマーなら当然

常備薬 →慣れない環境での生活なので初めのうちは体調を崩すかもしれないです。近くに薬局も無いかもしれないので普段飲む物があれば持っていくのがよい

ウルトラライトダウン →山間部のリゾート地や夏以外に行くときはあると重宝しますよ。意外と朝晩が寒かったり。ユニクロのウルトラライトダウンなら小さくなるし便利

ゆーたろう
ゆーたろう
考えだすといろいろ出てくるので
悩んだら置いていきましょう!

あれもこれもと、とんでもない量の荷物になってしまいます。

行ってから必要だったら現地で購入すればよいですよ。

 

Amazonや楽天があるのだから!

あとは、持ち物リストであげた物でも実際に行くと、以前働いていた人が置いていったりでいろいろあることもあります。

事前に派遣会社へ聞けるだけ聞きましょう。

 

 

リゾバの持ち物【あとはコレ】

荷物の準備が整ってきたら最後の確認事項です。

 

段ボールorスーツケースにいれる?

当日リゾバ先へ行くときは、リュックひとつで行くのが楽ちんです。

重たい物は段ボールで送るのがベストです!

段ボールなら、かさばる物も簡単です。

 

移動が長距離だったり、乗り継ぎが多かったり、働く施設が坂の上だったりするかも。

ただ、一般的な大きめの段ボール(140サイズ)ひとつでおよそ2,000円です。(関東から各地へ、沖縄だとプラス1,000円ほど)

  • 荷物を送る際は事前に送り先を派遣会社へ確認する(寮なのか働く施設なのか)
  • 元払いで送る(事前支払い)
  • 送り状に自分の名前と派遣会社、いつから勤務するかも記入する
  • 日付指定をし、移動当日の朝や前日に届くようにする

 

大きなスーツケースで持っていくのもあり(7,8泊用)

今後も旅行やリゾバで使えますしね。

 

実際にスーツケースとリュックで来たって方も多いですよ。

貴重品や移動当日に使う物は、送らずに手持ちバックに入れるのを忘れずに。

 

 

現地で買えばよい物

事前に寮の周辺の施設を派遣会社へ確認しましょう。

スーパーやコンビニが近くにないこともしばしば(徒歩30分や1時間なんてことも)

近くにお店があるならば

  • シャンプーやボディソープなど
  • お菓子、飲み物

これらは現地で買ってもよいですね。

近くにお店がなかったとしても、Amazonや楽天のネット通販が使えます!

 

スマホやパソコンで注文し、寮や勤務先へ配達してもらえます。

ゆーたろう
ゆーたろう
いや〜、本当に便利な世の中!

持ち物で新しく買わなきゃという物があれば、現地でネット購入がオススメですよ。

荷物削減は大切です!

【箱根でリゾートバイト体験談】デメリットはこの3つ!!

 

 

リゾバの持ち物【まとめ】

  • 荷物は段ボールで送るべし
  • 事前にどんな物が寮にあるのか質問しまくるべし
  • 持っていくか迷ったら置いていくべし
  • 現地でネット通販を駆使するべし
  • 車を持っていきモテモテになるべし

今回あげたものは最低限あった方が良いものです。

荷物を減らすために、現地へ行ってから購入するのももちろんアリですよ!

 

準備する物が多く、そして初めての経験で大変かもしれないです。

でも楽しくないですか?

ワクワクした気持ちも持って楽しんで準備しましょう。

 

リゾバするにはまず派遣会社へ登録しなければなりません。

そんな数多くある派遣会社で損しないためには…下記を参考にしてください↓↓

ABOUT ME
ゆーたろう
箱根で働く小人です。箱根歴は10年以上。箱根へくる方々へのお役立ち情報を発信中。 ときどきなんちゃってバックパッカーとして旅行します。
RELATED POST