箱根暮らし

箱根に移住!?仙石原に住んでみてわかったこと【必需品あり】

箱根に住むことになったけど、何か注意することはある?
・何が必要なの?
・メリット、デメリットが知りたい
・温泉は入り放題?
いも子
いも子
ゆーたろう
ゆーたろう
これから箱根に住む方や移住を検討中の方は不安がいっぱいですよね?
そんな悩みを解消します。

まず私は、実際に箱根の仙石原に仕事で5年間住んでいました。

そして箱根に住むなら圧倒的に仙石原押しです!

そんな私の経験を元に、これが必需品や!って物や良かったところ、うーんってところなどを紹介していきますよ。

 

詳しく知らずに来てしまうと、観光地として見ていた部分との違いに戸惑うかもしれません。

事前に知っておくことで対策もできますし。

仕事として(就職したりリゾートバイトなど)箱根に初めて住む人、これから住むことになった人達のお役に立ちます。

 

箱根に移住!?仙石原に住んでみてわかったこと

そうだ、箱根へ住もう

私は、箱根の中でも仙石原に住んでいました。(ススキが有名なところです)

とにかく自然豊かで四季の移り変わりが実感でき、とても素敵な場所です。

 

そんな箱根暮らしの中で、一家に1台!

いや2台あっても良い!!といっても良いほどの必需品があります。

そ、それは

除湿機です!!!

 

なぜそんなに必要なのかや、生活する上での情報は下記でご案内していきます。

 

箱根暮らしで一家に1台の必需品!

冒頭からお伝えしていますが、箱根に暮らす上で必要なもの。

一家に1台の必需品とは・・・

除湿機です!

 

なぜそんなに必要なのかと言いますと、湿度がとにかく高いからなのです。

除湿機なんだからそりゃそうでしょ…
いも子
いも子

箱根はとにかく自然豊か。

その中でも、仙石原は標高650mほどの箱根の中でも結構上のほうにあります。

 

標高が高いことが関係しているかは分かりませんが、自然豊かなのは関係あるのでは?

まぁとにかく湿気がスゴイということです。

冬はさすがに乾燥しますが、それ以外の3月〜11月の間は除湿機をほぼほぼ付けっぱなしにしていましたよ。

 

特に湿気が多い時期では、朝に除湿機をつけて出かけると夜帰って来たときにはタンクが満タンになっていました。

さらに冬でも

  • 洗濯物を部屋干しするときはつける
  • 除湿剤も各所に設置

入居したての頃はそんなことも知らず、クローゼットの洋服がカビ!

下駄箱の靴もカビカビ!と、やられまくりでした。。

 

住んでみると分かりますが、仙石原は本当によく霧が出ます。

あとは下界の、小田原・御殿場・箱根湯本は晴れているのに山登ってくるとめっちゃ曇っているor雨とか。

さすが山の天気っ!をとても感じられますよ。

 

そんなこんなでとにかく湿気がすごいので、箱根に住むなら湿気対策は必須ですよ!!

除湿機を持っていくには、かさばるので現地でポチるのもアリ!

 

箱根に移住!?仙石原に住んでみたら 〜生活編〜

箱根へ移住、仙石原の生活

そんな箱根暮らしでの日々の生活についてお伝えしていきます。

箱根での買い物は?食事は?

それでは紹介していきます。

 

【箱根暮らし】仙石原での生活用品の買い物は?

箱根の仙石原住民が生活する上で、欠かせない買い出し。

どんなところで買い物をしているのか?観光地にそんなお店があるのか?

安心してください。少ないですがちゃんとありますよ。

 

・箱根暮らし『みんなの味方、スーパー』

まず、食材はスーパーがあります。(小さめ)

仙石原のみんなの味方、『AーCOOP』です!

 

仙石原の人たちだけでなく、少し離れた強羅や宮城野の人たちも買いにきます。

箱根には他にこういうスーパーはないのでは?

 

ただ、営業時間が「9:30〜18:00」です。

閉まるのはやっ
いも子
いも子

そうです。早すぎる!これが唯一の欠点。

観光業に携わっている人が多い箱根で、どうなのかとは思うのですがこれも観光地ということで諦めましょう。

私も、行けるのは休みの日くらいでほとんど行けませんでしたね…

 

・箱根暮らし『みんなの相棒、コンビニ』

箱根に住んでいて、よく行ったのはコンビニです。

仙石原には、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートと各社あります。

 

そしてやっぱり24時間営業で助かります。(時代の流れで短縮営業になりませんように)

サービス業をしていると、AーCOOPがあいていない時間に帰ることがほとんどでしたので助けられました。

仙石原のコンビニ達は私のような人の為に、スーパーで買うような野菜など色々と充実しています。

 

夜9時、10時になるとさすがにどこもやっていないのでみんなコンビニへ。

それだけ需要があるので、コンビニも商品のラインナップがかなり充実しているのです。

はい、箱根住民にとっては無くてはならない相棒です。

 

・箱根暮らし『救世主、ドラッグストア』

そして、最近箱根に革命を起こした救世主がいます。

ドラッグストア『ココカラファイン』!(最近といっても3年前くらいですが)

 

今までは箱根から小田原や御殿場まで片道30分かけて行き、ドラッグストアやドンキで買っていたものが歩いて買いに行ける。

洗剤が無いと気づいた時にすぐ買える!(21:00までですが)

特にママさん達にはオムツやミルクなどのベビー用品がいつでも買えて好評です。

 

ココカラファインができたことによって、食品・日用品を安く買うことができるようになり仙石原の便利度は大幅に向上しました。

箱根の人みんな来てるのではないか?ってくらいまさに救世主です!

 

このように意外と便利になった仙石原は住みやすい。

ゆーたろう
ゆーたろう
強羅、宮城野、宮ノ下、元箱根などはお店が少ないです…
箱根湯本はなんでもある小田原に近いので別枠ですね

実際に住むならやっぱり仙石原がオススメですよ。

 

【箱根暮らし】仙石原で普段の食事は?

  • 観光地の住人は普段どこで食事をしているのか?
  • 観光地価格ではない安いところなどあるのか?

実際あります!

 

が、少ないです。

まずよく行っていたのは次のとおりです。

 

・箱根暮らし『めし処 いなか家 大地』

ここはガッツリ食べたい時によく行っていました。

古民家風のお店で雰囲気がよく、場所は仙石原交差点のすぐ近くで行きやすくボリューム満点で美味しい!

 

オススメは唐揚げ定食、1000円。

 

めちゃめちゃ安い!!って訳ではないですが

このボリュームを考えれば十分です。

いや安いですよね?

 

日替わり弁当もバランス良くてオススメ。お客さんは地元民が多いですね。

私の職場の人達もよく行っていましたよ。

 

パッと見は入りづらいですが、思い切って入れば、お店の人もとても良い方々。

満足度ナンバーワンです。

 

・箱根暮らし『元気食堂』

こちらは定食がなんと、500円という衝撃価格。

店主1人で切り盛りしている為、お客さんがセルフでやることが多いですがこの価格なら全然構いません!

味はもちろん美味しいです。

 

私はチキン南蛮定食が好き!

メイン、ご飯、味噌汁、漬物のセット。これぞ地元民の味方ってお店です。

 

場所は仙石原交差点近く、セブンイレブンの隣です。

138号線沿いなのですぐに分かりますよ。

 

・箱根暮らし『弁天』

弁天!

こちらは、ほぼほぼ地元民しか行かないのでは?

というお店です。

 

まず外観が、とにかく年季が入ってます。初見では流石に入ろうとは思えない。

しかし思い切って入ってしまえば良いのです。

そこに待っているのは、とても人柄の良いお父さん。

と、白猫。

 

オススメは、お任せ定食850円

その日によって変わりますが、

ご飯、味噌汁、お刺身、揚げ物、小鉢など。

 

ボリューム満点で格安。海鮮丼も美味しいですよ。(850円)

場所は仙石原案内所の向かい側です。

 

廃墟ではないですよっ。お店の前に車が止められます。

意外性ナンバーワン。

 

以上のお店たちが、観光地の中で地元民がよく行くところですね。

ただ、毎回外食というわけにもいかないので

自炊もよくするようになりましたね。(大事)

 

箱根に移住!?仙石原に住んでみたら 〜交通編〜

箱根へ移住、仙石原の交通

実際に箱根に住んでみて、休みの日など出かける時はバスを主に使用します。

バスしかない。もしくは徒歩。。

そんな仙石原の交通事情をお伝えします。

 

【箱根暮らし】1年以上住むならコレ必要!

3ヶ月くらいの短期でなく、もう少し長く住む予定の人で必須な物。

いや、期間なんて関係なくこれさえあれば・・・というのが、

それは『車』です。

 

・箱根暮らし『車が欲しい』

バカ高くて簡単には買える物ではないですが、車があれば格段に箱根生活が変わります!

って言いますか、車がないと不便。

観光地ですので、バスは頻繁にあります。

 

仙石原から小田原や御殿場に行くバスは、15分に1本くらい出ています。

仙石原民は近い御殿場へよく行きます(小田原まで約45分、御殿場まで約20分)

 

バスは本数が出てるので、そんなに待つこともなく乗ることができますが、仙石原へ帰ってくる便の終わりが早いです。

21時ごろ発がラスト。

 

当然、バスが無い時間には出かけられないですし、その時間内で行動すれば良いのですが不便を感じますよね。

いちいち、お金もかかりますし。

片道は、だいたい1000円です。往復2000円。。

バカになりませんよね?

はいっ、車〜!!
いも子
いも子

いやいや無理だって!!って人は、原付バイクでどうでしょう?

雨の日はキツいですが、晴れた日は自然を感じて気持ちいいですよっ。

あと、バイクだと渋滞が関係ないのが良いです。

 

箱根はハイシーズンや週末になるとかなり道路が渋滞します。

バイクならそれをスルスル抜けられますからね。(無理せず安全運転)

そんな箱根生活でひとつ問題が出てきます!!

それが、夜のご飯問題。

 

・箱根暮らし『晩ご飯問題』

仕事後の夜にやっているお店が『みんなの相棒、コンビニ』か、スナック的な居酒屋くらいしかないです。

さすがにコンビニは飽きてきます。自炊するのもちょっと面倒臭い…

 

そんな時、無性にマックが食べたくなります。(個人的に)

仙石原にマックがあればめちゃめちゃ繁盛しそうなものですが、夜のみ。。

 

こんなですので御殿場のファミレスへは、かなり行きました。

車で15分から20分。(意外と近いんです)

箱根に住む前は、ファミレスなんてほぼ行ったことがなかったのですが、夜の遅い時間やっているご飯屋さん=ファミレス!!

神様じゃん
いも子
いも子
ゆーたろう
ゆーたろう
ファミレス行くには?
はいっっ、クルマ〜!!
いも子
いも子

 

箱根に1年以上住む予定なら、車か原付バイク、どっちかを持った方が良い。

原付なら元は取れるはずです!

 

【箱根暮らし】都内へのアクセス方法は?

都内からも近い有名な温泉地箱根。

その為、交通網もかなり発達しており様々な選択肢があります。

今回は箱根の仙石原から、都内への脱出方法を紹介していきますっ。

 

・箱根暮らし『仙石原から新宿①』

まず1番よく使うのが高速バスです。

小田急のバスで、箱根桃源台〜新宿の便です。

 

仙石原の各バス停から乗れます。

1本で新宿まで行けるので、よく利用していました。

 

仙石原から乗る際は、乗車したら運転手さんに先に支払います。

週末やハイシーズンは予約した方が安全です。

もしくは仙石案内所で事前に時間指定して購入できます。

 

料金は約2,000円。

時間は2時間半くらいでバスタ新宿へ着きます。

 

東名を通るので渋滞に巻き込まれることも時々ありますが、乗り換えなしで寝て行けるので楽チンです。

買い物して帰りの荷物が多くてもバスなら楽。

 

新宿から仙石原へ帰ってくる便は、19時新宿バスタ発が最終!!早すぎる…

 

箱根暮らし『仙石原から新宿②』

もうひとつの新宿までのルートが、

仙石原からバスで箱根湯本or小田原まで行き、そこからロマンスカーへ乗り換え新宿まで。

 

料金は約3,000円

時間は2時間ちょっとです。

 

電車に途中で乗り換えるので時間が読みやすいのが利点。

遅れられない時などは使用してました。

 

・箱根暮らし『仙石原からその他都市』

新宿まで①で使用したバスで仙石原から東名御殿場まで行きます。

そこで様々な東名を走る高速バスへ乗り換えることができるので、東京以外へも色々行けます。

 

乗り継いで行けばどこまででも。

自分は名古屋や静岡へ行きましたよ。

御殿場も静岡ですが。。

 

箱根に移住!?仙石原に住んでみたら 〜まとめ〜

箱根へ移住、仙石原のまとめ

自然豊かな仙石原、とにかく湿気対策が大切です。

カビだらけにならないよう、お気をつけくださいませ。

 

都心へも近く、アクセスもしやすいので山に閉じ込められた感は少ないと思います。

日帰り温泉やオシャレなランチも気軽に行けます!

 

美術館ばかりで、遊ぶっ!てところはないですが車でブブーンと山を下りれば良いのです。

こちらも参考にしてみてください。

>>>箱根でフルーツ(果物)狩り!?そんな施設はありませんけど?

 

では、良い箱根ライフを。

ABOUT ME
ゆーたろう
箱根にほぼ毎日通っています。箱根へくる方々へのお役立ち情報を発信中。 ときどきなんちゃってバックパッカーとして旅行します。